DolbyDigitalのメリット

DolbyDigitalのメリット アンプとは英語の「amplifier」を略したもので、その意味は増幅器となります。
古くからステレオシステムで使われており、レコードプレーヤーやカセットテーププレーヤーと接続し、それらからの音を増幅してスピーカーへ出力することに使われます。
プレーヤーからスピーカーへ直接繋ぐと小さな音しか出すことが出来ないのでアンプを使います。
ところで近年は家の中で映画を楽しむためホームシアターを構築することも珍しくはありません。
サラウンドになっていて、いくつものスピーカーから迫力ある音を楽しむことが出来ます。
通常のオーディオアンプは2ch(左右のスピーカーのみ)しか対応しておらず、5.1chのサラウンドには向きません。
そういった時に使われるのがavアンプです。
avアンプは多チャンネルのスピーカーシステムに対応しています。
また今では、ハイレゾなどの高音質の規格もあり、よりクリアーで存在感のある音を楽しむことが出来ますが、その反面データ量が非常に多くなっています。
その際に使われるのがDolbyDigitalといった音声データの圧縮です。
これでデータ量をかなり抑えることが出来ます。
これを使うメリットは、データ量だけではありません。
圧縮というと明らかに音が劣化し、違和感を覚えることすらありますが、DolbyDigitalでも音の劣化はありますが、気付くほど音質が悪くなることはありません。

アンプの一つavアンプに標準装備のDolbyDigitalのデメリット

アンプの一つavアンプに標準装備のDolbyDigitalのデメリット 近年は映像も音声もデジタル形式になり高画質、高音質になりました。
それに伴ってテレビやアンプなどの機器もデジタル化されています。
もう昔のアナログ時代のテレビやアンプには戻れない感じもします。
ところで高画質、高音質になったのは喜ばしいことなのですが、それだけデータ量が多くなってきています。
そのため機器は膨大なデータ処理を瞬時に行わなければならなくなりました。
さらに未来になるともっとデータ量が多くなることは予想がつきます。
今でも膨大な処理を行っているので、それを抑えるための様々なデータ圧縮方法が生み出されています。
例えば音声についての圧縮方法の一つとしてDolbyDigitalといったものがあります。
例えばavアンプではDolbyDigital対応になっているのですが、そのavアンプではサラウンド音声を扱うことがあります。
そうなると音声データが左右だけでなくセンターやリアなど二つ以上あるので、非圧縮のままだと膨大なデータを処理することになってしまいます。
それで音声データにはそういった圧縮を施しているのです。
ただし圧縮することがデメリットになることもあります。
非圧縮よりも音が劣化してしまうのです。
もちろん認識出来るほどの劣化ではないので、一般の人たちにとってはデメリットにはならないかもしれません。