DSDのメリット

DSDのメリット 近頃ハイレゾ音源という言葉を見たことや聞くことがあるという人がいると思います。
特にオーディオに興味を持つ人ならすでにどういったものであるか、把握していると思いますが、このハイレゾとはハイレゾリューションオーディオの略で高い解像度の音といったような意味になります。
具体的にはCDよりも音質のいいもの(データ量の多い形式)を指します。

ハイレゾ音源には従来のPCM方式の他にもDSD方式というものがあります。
音をデジタルに変換した後のデータの形式が全く異なり、前者の方式は硬く冷たい感じの音に感じる人がいるのに対して、後者の方式はアナログの雰囲気に近いという人がいます。
アナログのような温かみのある柔らかな音が欲しくてスピーカーアンプを真空管アンプにする人もいるので、そういう面ではメリットがありそうです。
どちらの方式でもハイレゾなのでCDよりも高音質です。

近頃のavアンプでもDSD方式の音を扱えるものがあります。
その方式で録音されたCD(スーパーオーディオCD)を再生出来るプレーヤーも発売されているので、それらの組み合わせで高音質の音を楽しむことが出来ます。
もちろんスピーカーも対応のものでなければなりません。
スーパーオーディオCDはクラシックなどの作品で多くあります。

アンプにDSD対応のavアンプを選択するデメリット

アンプにDSD対応のavアンプを選択するデメリット DSDは、スーパーオーディオCDを再生する際にアナログ音声をデジタル音声化するための規格ですが、従来のCDを大きく上回るサウンドを楽しめる一方で、対応したアンプを採用する際にはいくつかのデメリットもあります。
まず、高周波数帯との相性が悪く周波数が上昇するにつれて量子ノイズや歪みが発生してしまうので、デジタル音楽機器を利用した楽曲など高周波数帯に極端に偏ったコンテンツの再生には不向きです。
また、データの伝送にはavアンプが高速通信に対応している必要がありますが、各社まちまちの規格でFireWireやiLinkなど従来の形式のサウンドシステムと全く互換性の無い伝送システムしか存在しないためDSDを導入するにはアンプから接続ケーブルに至るまで多くの初期コストが発生します。
さらにデジタルなイコライジングが不可能なため、自身の好みで音質をエディットしたい場合はせっかくのハイクオリティなデジタル音源を一旦アナログ出力して従来のイコライザーを利用しなければならないという手間もかかります。