DTSのメリット

DTSのメリット DTSとはDigital Theater Systemsの略称で、5.1chサラウンドのシステムのひとつです。
主にDVDやBlu-rayのコンテンツに採用されており、対応の音源を持つ映画などのソースを対応機器で再生すれば、まるでその空間に自分が居るかのような臨場感溢れるサウンドを楽しむことができるのが最大のメリットです。
さらに拡張規格のエクステンデットでは6.1ch、HDマスターオーディオでは7.1ch、HDハイレゾリューションオーディオではハイレゾ音声に対応しアンプ機能が強化されています。
元々のオーディオシステムが非対応だった場合にはDTS対応のavアンプと5.1chサラウンドスピーカーを設置することでオーディオ部分を拡張して対応させることが可能です。
また、出力するのが2chのステレオスピーカーだった場合にはバーチャルサラウンドによって擬似的に5.1chを再現できる機能を持ったアンプも存在しています。

アンプを選択する際にDTS対応avアンプを導入するデメリット

アンプを選択する際にDTS対応avアンプを導入するデメリット アンプに搭載されているDTSは標準でも5.1chサラウンド、拡張規格では7.1chサラウンドに対応し大迫力のサウンドを楽しむことができますが、その一方でさまざまなデメリットもあります。
まず多チャンネルのサラウンドを再現するには機材を揃えるための費用負担も然ることながら音場環境の構築が必要です。
5.1chサラウンドの例ではシステムの根幹を担うavアンプと接続するのはフロントとリアにライトとレフトの4台のスピーカーに加えてサブウーファーの計5台となります。
また、一定の距離を空けて適切な位置に設置しなければならないためスペースが必要となり、6.1chや7.1chとなればさらに多くの場所を占有します。
そして何よりそれらのオーディオシステムを活かすためにはソースとなるDVDやBlu-rayのコンテンツがDTSに対応していなければなりません。
もしも非対応のコンテンツの場合はバーチャルサラウンドを利用できるものの、対応コンテンツの再生と比較して雲泥の差で、せっかくの高性能のアンプが宝の持ち腐れとなってしまいます。