アンプによる音の種類の違い

アンプによる音の種類の違い アンプの種類には一体型のビルトイン仕様のものと、ヘッドとスピーカーが分離しているセパレート型があります。タイプによる違いはありませんが、一体型のものに比べて分離型のほうが出力は高い傾向にあります。大型のアンプはライブ開所偽刑されているものが多く、キャビネットの増設も可能になっているために、会場に応じた音作りが可能になります。一体型のものは規模の小さな会場や一般家庭内での使用を中心に考えられているので、出力は低い傾向にあり、収納や運搬などは便利です。
アンプの種類によって違いはありますが、使用する用途により求める音を得るために、必ずしも高い出力のものが必要ではないということです。繊細な音色や大きなひずみが欲しい場合には、大型よりも小型のほうが向いていますし、音圧の必要なジャンルでは大型のキャビネットが必要になります。自分が選択する音楽のジャンルによって、機材は定型のパターンにとどまらない利用方法を見つけることが大切です。

良い音を奏でるアンプの種類や構造について

良い音を奏でるアンプの種類や構造について オーディオを志す人にとっては、機器の選択は楽しみでもあり悩むところでもあります。音源となるCDプレーヤーやレコードプレーヤー、音声信号を増幅するアンプ、アンプで増幅された電気信号を音に変えるスピーカー、各種機器を接続するケーブルなど、どれをとっても一つ交換するだけで音がガラリと変わってしまいます。
機材から出てくる音はスピーカーからの影響が最も高いと思いがちですが、実は信号を増幅するアンプの影響はとても大きいものがあります。スピーカーは、入力された電気信号により磁石の中央に配置されたコイルが振動し音を出しますが、この時には動いたコイルによって逆起電力が発生し、アンプに流れ込んでいます。これによって本来スピーカーをドライブすべき電力が減少し、低音不足に繋がってしまいます。
これを解消するためには、電源トランスを十分な大きさにしたり、増幅段の回路を余裕を持った種類の素子を用いるなどの対策が必要です。また、増幅方法として複数存在する、A級やB級やAB級といったドライブ方法を適宜採用する、余分な振動をさせないような構造の本体にする、などの対策もあります。